検索
  • sansevieria

アーユルヴェーダの病気の6段階

横浜市鶴見のアーユルヴェーダ専門サロン サンセベリアのアドバイザー

Mochizuki です。


新型コロナウィルス

にしても

インフルエンザ

にしても

.

結局は、

身体を整えておくことが、

最大の防御ですね。

.

アーユルヴェーダ的には、

病気を6段階に分け、

その第1段階からを問題と考えます。

.

1  蓄積  食事やライフスタイル、環境、感情  思考の乱れなどによって、ドーシャ  のバランスが崩れた状態

.

2  悪化  蓄積が、さらに進行した状態

.

3  拡散  過剰になったドーシャが、体の中  を動き回り、体のあちこちに症状  があらわれるようになった状態

.

4  定着  ドーシャが、特定の所に定着して  症状が、深刻化し始め、分かりや  すい不調が、でてくる状態

.

5  発症  特定の病気として、診断できるほ  ど、進行した状態

.

6  慢性化  病気の症状が、長く続く状態

.

以上が、6段階です。

ドーシャは、見えないので、なかなか理解しずらいですよね。

.

1〜4までは、中医学(漢方)でいうところの 未病 にあたりますので、 .  冷え、浮腫み、便秘、腹部膨満感  肩こり、疲労感、関節の痛みなど

. .

の症状の段階といえるでしよう。

.

もちろん

生まれもった体質(プラクリティ)は、人それぞれなわけですが、

.

これらの症状を軽く見ることなく

ケアすることが

とても大切と考えます。

.

アーユルヴェーダトリートメントを

是非、お役立て下さい。

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示