検索
  • sansevieria

トリドーシャ

横浜市鶴見のアーユルヴェーダサロン サンセベリアのアドバイザーMochizukiです。

“はじめまして” の回に、すでにもうドーシャとかヴァータとか出てきてしまいましたが、今回は、それについてです。

アーユルヴェーダでは、自然界の全てのものは、『地』『水』 『火』 『風』 『空』  の5つの元素でできていると考えられています。

ですから、私たちの体も、そして心までも、この5元素から構成されていると考えるわけです。

「ふーん」、、なんだか、「ふーん」ですよね。

ところが、、自分や周りの人を当てはめてみた時、「へー」  「なるほどー」だったのです。

これは、もしかして、“あり”かもと。

では、続きを

私たちの体は、『ヴァータ』『ピッタ』『カファ』の3つのエネルギーからできています。

このエネルギーは、『ドーシャ』と呼ばれ、3つあるので、今日のタイトルの『トリドーシャ』となります。

そして、

『ヴァータ』は、『風』と『空』

『ピッタ』は、『火』と『水』

『カファ』は、 『水』と『地』

の性質を持ちます。

そして、私たちは、これら3つのドーシャのエネルギーを3つとも持っています。

ただ、人 其々、どのエネルギーをどれだけ持っているかが、違うのです。

この3つのエネルギーバランスは、みんな一人一人、独自のパターンを生まれながらにしてもっていると考え、それを『プラクリティ』といいます。

この『プラクリティ』のバランスを保つことができると健康でいられると考えます。

だから、人によって、体質や性格が違うのですね。

ある人にとって、体にいいことが、また別のある人にとっては、よいとは限らないということもあるのです。


長くなってしまいますので、続きは、次回へ

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示