検索
  • sansevieria

不通則痛 (通じざれば、則ち痛む)

横浜市鶴見のアーユルヴェーダ専門サロン サンセベリアのアドバイザー

Mochizuki です。


アーユルヴェーダと出会う前、私は、ちょっと中医学(漢方)を勉強しました。


アーユルヴェーダと同様、概念が難しいのですが、とても面白く学んでいました。


その中で、不通則痛(通じざれば、則ち痛む)という言葉を見て、ピンときたのです。


私は、時々、手の指や手首の関節が痛くなります。


中医学的には、何による痛みなのかを判断して対処するのですが、、


とにかく

「通せばいいんだー!」

と思ったのです。(ヴァータ体質なの

                          で軽いのです。)


そこで、やってみたのが、


ピッ◯エレ◯バン


漢方は、ほとんどが内服ですから、ダイレクトに効くものが、欲しかったのです。(せっかちなので)


痛みのある指の関節にシコシコ貼りました。あちこち痛いのでいっぱい貼りました。


当然、おさまりが悪いので、すぐに剥がれてしまうのですが、、


これが、、意外と、、なかなか、、

効いたのです。(私は、ですが、、)


なるほどー

通じてるー


でも、痛みが戻ることで、剥がれかけて、浮いているのが分かる程、改善するのは、貼っているときだけでした。


今は、お気に入りのアーユルヴェーダオイルがありますので、ピッ◯さんともご無沙汰ですが、

一時は、お世話になりました。


おまけの話としては、

ピッ◯エレ◯バン、貼ったままで、空港の保安検査が、通れるのか心配でしたが、大丈夫でした。

そもそも、これ、金属ではないないんだとか

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示