検索
  • sansevieria

脈診について

横浜市鶴見のアーユルヴェーダ専門サロン サンセベリアのアドバイザー Mochizuki です。



自宅庭の梅の花は、もう散り始めました。数日前に撮ったものですが、青い空に映えて、舞う花びらも、とても美しかったです。


さて、脈診について、

病院へ行くと、脈拍をみてくれますが、

アーユルヴェーダには、独特な脈診があります。

手首に人差し指から薬指までの3本の指先をあてて、診ます。


手首側から

人差し指        『ヴァータ』

中指               『ピッタ』

薬指               『カファ』

        を表すのだというのですが、、


なんともかんとも難しいのです。


日によっても、時間によっても、食事の前後でも変わっていきますし、

そもそも、、よく分からない!(笑)


現地の凄いアーユルヴェーダドクターになると、「ちょっと前に〇〇の手術しましたね。」まで分かるらしいのですが、、もう、エスパーか?って感じですよね。


人生、何周しても分かるようになるとは、思えませんが、


できたらいいなーと


憧れの脈診です。



ただ、自己管理には、使えそうです。


度々、自分の脈をみてみると、その時々で、ちょっとづつ違うのが分かります。


いつもより人差し指が、強いと感じたら、『ヴァータ』なので、暖かくして、今日は、休憩しようかなとか、、


いつもより薬指が、強いと感じたら、『カファ』なので、体動かした方がいいかなとか、、


自分だと、

“いつもより”  が分かるので、役にたちます。


憧れの脈診のお話でした。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示